TOP > 研修 > 実習(施工研修) > 配管接続基礎研修(塩ビ管接着実習含む)

配管接続基礎研修(塩ビ管・ポリ管接続実習含む)

 ※画像はクリックすると拡大し、再クリックで元に戻ります

概要

配管接続の基礎知識を学びます。特に今回は建物の配管材料としては最も多く使用されている塩ビ管の知識と接合方法、接合技術を習得します。
塩ビ管接続は簡単なように見えますが、接着剤の選定や伸縮処理、配管支持の有無によって、クラックや破損の事故が発生します。 塩ビ管接続実習にくわえ、架橋ポリエチレン管接続実習も行います。メーカー講師による正しい知識を身に付けましょう。
なお、ご要望により、新しい給水システム商材『ハイパー』の接続実習も行います。

研修方式

対象者販売店様、工務店様、リフォーム店様、工事店様
標準スケジュール10時〜14時(4時間)
講師積水化学工業
受講料4,000円
お申込方法こちらのページからお申込みください。お申込用紙をダウンロード・ご記入後FAXしていただいても結構です。

カリキュラム

1.建物配管の基礎知識

上水道のしくみ、給水・給湯配管方法、下水道のしくみ、排水管の方法、各種配管材料の知識をレクチャーします。 配管材料と継手は鉄管、ステンレス管、銅管、塩ビ管、塩ビライニング鋼管、高密度ポリエチレン管、架橋ポリエチレン管、金属強化ポリエチレン管などがあり、それぞれ接続方法は異なります。

2.配管接続のポイント

塩ビ管の種類と特徴(耐衝撃性、耐熱性)、接着剤の使い分け、TS接続のしくみ、伸縮処理の必要性をり理解していただきます。 また伸縮処理の方法やそれを怠ったための事故例も見ていただきます。 耐熱、耐火に優れた商品の紹介もいたします。

3.塩ビ管接着実習

塩ビ管接着実習は、切断、面取り、挿入マーキング、清掃処理、接着剤の塗布、挿入、保持、接着の確認の作業手順です。 挿入が不足だったり、接着剤がムラがあったり多すぎると事故やクレームにつながります。 車座になって個々の指導を行います。

4.ポリエチレン管接着実習

接続する際の注意事項を確認しながら、ポリエチレン管とエスト・カチットの接続実習を行います。

5.ハイパー融着実演





埋設用で実績を作ったセキスイの高性能ポリエチレン管【エスロハイパーAW】が、建築設備の給水立て管、 ピット・天井配管として新しい給水システムを構築しています。 耐震性、柔軟性、引張強度を確認していただくとともに管と継手との接合(電気融着)を実習体験頂きます。 (ご要望により耐火VPパイプ排水システムを加えることもできます)

Copyrights © 2012 橋本総業株式会社