TOP > 研修 > 実習(施工研修) > システムバス現調研修

システムバス現調研修

 ※画像はクリックすると拡大し、再クリックで元に戻ります

概要

戸建システムバスおよびマンション用ユニットバスの設置スペースの確認や建築との納まりなどの現場調査の方法やポイントを学びます。
浴室リフォームに当って現場訪問し、どの商品が納められるかを調査し、見積作成します。
また、いままでお客様の困っていること、要望なども確認しご提案できるようにします。

研修方式

対象者販売店様、工務店様、リフォーム店様、工事店様
標準スケジュール10時〜14時(4時間)
講師TOTO東京支社
受講料4,000円(昼食付)
定員15名
お申込方法こちらのページからお申込みください。お申込用紙をダウンロード・ご記入後FAXしていただいても結構です。

カリキュラム

1.SB(UB)の基礎知識

システムバス(SB)とは、ユニットバス(UB)とは、それらの構成部材、構造、品番体系、木造建築の基礎知識などを学びます。
とくに在来工法との違いを認識し、SB、UBの長所、メリットを確認してください。

2.戸建リモデル現調のポイント

現場調査に必要なツールは何か、現場の現在の状況を確認します(浴室のスペース、通路・出入口開口、窓位置、柱と梁位置・寸法、間仕切り、喚起・空調・給湯・追炊き状況、配管スペースなど)
とくに設置スペースの把握が重要です。これは独自のノウハウがありますので、しっかり学習してください。

3.マンションリモデル現調のポイント

マンションはRC構造なので、柱、梁、排気ダクト、床スラブ、給排水管などの障害物をどのように避け、顧客の要望に合った商品を提案できるかが重要になってきます。
梁や柱の存在の確認など講師の貴重な経験談が役に立ちます。

4.実習(採寸、梁確認、建築との収まり)

在来工法現場の採寸を行い、どのUBが設置可能かを調べます。また、点検口からのハリや柱などの躯体確認も行います。

Copyrights © 2012 橋本総業株式会社