TOP > 見学 > ラボ > IoT

IoT

 ※画像はクリックすると拡大し、再クリックで元に戻ります

見学のポイント

IoTとはInternet Of Thingsの略で、「モノのインターネット」などと訳されます。パソコンやスマホだけでなく、家電品やクルマや玩具など、昔はネットとは無関係だった「モノ」がインターネットに接続され、制御されることで、人々の暮らしが飛躍的に便利になっていくと期待されています。

コーナー解説

1.IoT家電の代表的メーカー「netatmo」の製品展示

空気環境(温度・湿度・気圧・CO2濃度・騒音)を計測する「ウェザー」、顔認証による防犯カメラ「ウェルカム」、人・クルマ・動物を区別する外灯型防犯カメラ「プレゼンス」を展示&デモンストレーションしています。

2.音声コントローラー

音声認識した商品注文や機器制御ができるamazonの「エコー」、それに追随するかたちでgoogleが発売した「ホーム」を展示・デモンストレーションしています。いまのところ、対応するデバイスは「エコー」のほうが圧倒的に多いようです。

3.HUIS(ハウス)とPlayStation VR

いずれもSONYの製品で、HUISは「家じゅうのリモコンをひとつに」するだけでなく、自分好みのデザインのリモコンにできるという製品。PLAY STATION VRは、各社のVR(Virtual Reality)製品の中でも際立ってリアルさを体験できる製品です。

Copyrights © 2012 橋本総業株式会社